特別栽培農産物

農林水産省新ガイドラインによる表示

特別栽培農産物について

農業の自然循環機能の維持増進を図るため、化学的に合成された肥料や農薬の使用を同じ地域の慣行栽培の使用量または使用回数の5割以下に減らすことを基本に、土壌の性質に由来する環境への負荷をできる限り低減した栽培管理方法で生産された農産物です。
紀ノ川農協の「特別栽培農産物」では約210名が取得しています。

紀ノ川農協の特別栽培農産物

農薬の使用状況がわかります。各生産者によって基準内で使用に違いがあります。
(※PDFデータにて公開)

PDFダウンロード

※圃場別登録番号とは和歌山県特別栽培の生産者の圃場番号を表示しています。
※上記の使用回数は各圃場(列ごと)に表しています。

2017年

2016年