紀ノ川野菜ものがたり

紀の川市はフルーツ王国としてPR活動をしている通りフルーツの生産量と種類が豊富ですが、野菜も負けじとたくさん作られています。
紀ノ川農協の直売所「ふうの丘」でも四季折々の旬の野菜が新鮮な状態でたくさん販売されています。
こちらの商品は直売所で購入した時のような、健康に育った農産物を宅配でも味わっていただきたいというコンセプトのもとに企画しています。

てんとうむしプロジェクトでは野菜の種類が特に多く採れる時期に合わせてお届けできるよう、夏と冬の年2回に分けています。お届け時期の収穫野菜によって内容は変わりますが、夏はトマト、冬は白菜などといった季節を代表する野菜を中心に詰め合わせています。
「箱を開けると土の香りが立ち上ってくる程の鮮度」を保つよう、できるだけ収穫から短期間でお届けできるように手配しています。
さらにてんプロ商品に限り毎回心ばかりの「おまけ」がございますので、そちらもお楽しみください。

【冷凍保存で野菜を上手に活用しよう】
たいていの野菜は冷凍すると長期保存が見込めます。
生食の時のようなシャキシャキ感はなくなるものの、旨味や栄養素が凝縮されるのでオススメです。
凍ったまま炒め物や煮物などの加熱調理に使えるので、調理時間と手間が省けるので便利です。
また凍ったまま漬物にすると生のものよりも早く漬かります。
キャベツ・白菜・人参・大根などの大きな野菜は調理しやすい大きさにカットしてからジップ付の密封袋に入れて、空気を抜いてから密封して冷凍庫へ。トマトは丸のまま水にぬらした後ラップで包んで冷凍すると、皮が剥きやすくなります。