総本山金剛峯寺御用達米

和歌山県は大部分が紀伊山地に含まれ、平坦な土地が少ないため稲作は小規模で全国的にも収穫量は少ない方です。
しかし山間部では棚田で特別栽培が行われたりと、地形や気候に合わせた稲作が行われています。
天野米はかつらぎ町天野高原の冷涼な気候と清涼な水で育ったものだけに名づけられるブランド米です。しっかりした甘味と噛み応えが特徴の美味しい高食味のお米として人気が高く、ファンも多いご当地米です。

5
POINT

天野米は2004年9月に「総本山金剛峯寺御用達米」として認定されました。

てんとうむしプロジェクトでは、天野米を新米の時期にあわせてお届けいたします。
農産品の取り扱いになりますので玄米の状態でのお届けとなります。ご希望の方には精米した状態でお届けいたしますが、糠を取り除いた分(約10%)減量いたしますのでご了承ください。
こちらでの精米は「九部付き」となります。表面にうっすら糠が残った状態で、胚芽も残しているため白米よりも栄養価が高いです。
食味は白米と変わらず、糠臭さも感じません。(糠の匂いに敏感でなければ気づかないレベル)
炊き方も白米と同じ水加減でお召し上がりいただけます。

【桃の剥き方と美味しい食べ方】
桃(に限らず農作物全般)は収穫後も呼吸していて、冷蔵庫に入れると呼吸が止まってしまいます。
呼吸が止まると桃の香りや甘味・鮮度も落ちてしまい美味しくなくなるので、冷蔵庫に入れっぱなしにするのはNGです。

冷蔵庫に入れるときは食べる前2時間程度冷やすか、食べる直前に皮をむく前に氷水で冷やすのがお勧めです。

食べきれないときはシロップ漬けかコンポート、ジャムにすると保存が効くうえ美味しく食べられます。
牛乳・バナナ・ハチミツを加えてミキサーにかけ、スムージーやミックスジュースにしても美味しいです。

POINT

生の桃を使ってスムージーやミックスジュースにする場合は、時間がたつとアクが出て苦くなるため、作ってすぐに飲み切るようにしてください。