耕作放棄地再生リポート

2019年4月21日

1.

8月から始まった、元ミカン畑をレモン畑へと再生する取り組みの続きです。 今年3月にレモン苗木の定植を行い、1年が経過しました。
今日はレモンの補植と追肥、新たな耕作地の開墾を行います。

2.

昨年秋の大型台風、冬の寒さと、育ち盛りの若いレモン苗には厳し過ぎる環境でした。
今回は10本補植し、レモン全体に肥料をやりました。

3.

今日は新たな耕作地の開墾も行います。
レモン畑の向かい側の耕作放棄地を草刈りしていきます。

4.

草を刈り、蔦を取り除いたらなんとビックリ!ハウスの骨組みが現れました。

5.

荒れ放題だった場所がどんどんきれいになっていくと嬉しくなります。 次の作業では、この下の場所の雑木を切って開墾していきます。

6.

この日のお昼ご飯はバーベキュー!
畑の端っこを交流スペースとして残し、バーベキューなど楽しめたらいいね、なんて話していたのが実現しました。