耕作放棄地再生プロジェクトリポート

2017年8月26日~27日 紀の川市・麻生津地区にて②

「農村と食に笑顔を作りたい」をテーマに取り組んでいる「地域づくりプロジェクト」
紀ノ川農協では農業を安定的に営める環境を整えようと、耕作放棄地の再生や新規就農・移住定住希望者の募集、農業研修・体験学習の実施など、新たな人材を求め受け入れるシステムづくりに力を注いでいます。その一環として産声をあげたのが「耕作放棄地再生プロジェクト」です。

第一弾は紀の川市麻生津地区が舞台です。耕作放棄されたミカン畑をレモン畑として再生させるため、まずは生え放題となっている雑草を刈る作業からスタートしました。

前回のあらすじ

【耕作放棄地ビフォーアフター】
自分の背丈よりも高い雑草に覆われた元ミカン畑が、たった一日でご覧の通り。
今度はレモン畑としての再生の道を歩み始めました。

くわしくはコチラ↓↓↓
2017年8月26日~27日 紀の川市・麻生津地区にて①

2日目・8月27日(日)

この日は朝から快晴。青い空が広がってとても良い気分です。
昨日刈りとった草を集めて片づける作業からスタート。
熊手を使ってざくざくと雑草をまとめます。
拾えるほどの細かい葉っぱや小さな枝はゴミ袋へ。
のこぎりで切れなかったミカンの太い枝は、チェーンソーを使って切り落とします。

1.

昨日ですっかり草を刈ってしまったので、今日はその後片付けをするだけ。

2.

だけなんだけど、量が多すぎて昨日よりも重労働のような気がする…(by男性陣心のつぶやき)

3.

今日はあまりにもいい天気なので、水を撒いたらこの通り虹ができました。
(作業的に昨日刈った草をかき集めて片づけているだけなので、あまりリポートする内容がないのです)

4.

誰ひとりケガもなく、熱中症で倒れる人もなく、無事に2日間のプログラムが終了。
耕作放棄地再生プロジェクトに参加して、自分たちで実際に草を刈って畑をきれいにする体験ができて、とても充実した2日間を過ごすことができました。
最初は機械や道具の使い方も覚束なくてへっぴり腰の参加者の方々も、生産者さんがきちんとサポートしてくれたおかげですぐに慣れて作業に没頭していました。参加者の皆さんが「今回のプログラムに参加して良かった」と全員充実した笑顔で感想を述べていたのが嬉しかったです。

耕作放棄地再生ギャラリー

当時のインターンシップ実習生。初対面同士だった彼女たちはインターンシップを終えた後も、友人として交流を続けているそうです。

11月11日(日)につづく