耕作放棄地再生リポート

2017年8月26日~27日 紀の川市・麻生津地区にて①

紀ノ川農協では「農村と食に笑顔を作りたい」をテーマに取り組んでいる「地域づくりプロジェクト」に取り組んでいます。
紀ノ川農協では農業を安定的に営める環境を整えようと、耕作放棄地の再生や新規就農・移住定住希望者の募集、農業研修・体験学習の実施など、新たな人材を求め受け入れるシステムづくりに力を注いでいます。その一環として産声をあげたのが「耕作放棄地再生プロジェクト」です。
第一弾は紀の川市麻生津地区が舞台です。耕作放棄されたミカン畑をレモン畑として再生させるため、まずは生え放題となっている雑草を刈る作業からスタートしました。

1日目・8月26日(土)

1. 耕作放棄地再生プロジェクト・始動

朝早く降った雨のおかげで気温が下がり、曇り空の下での比較的過ごしやすい中での作業となりました。
この日集まったのはインターンシップで紀ノ川農協に来ている学生二人・紀ノ川農協の職員を含む9名+午後からの参加者2名の合計11名です。

2.

耕作放棄地再生への道・第一歩はまず「草を刈る」ことから始まります。
背後に写っているのがこれから再生していく耕作放棄地です。
元はミカン畑だったそうですが、雑草に埋もれてしまってミカンの木がどこに植わっているのやら……。
本来ならば紀ノ川を流れる平野が望めるはずなのですが、雑草で遮られてほとんど見えません。

3.

このままの状態にしておくと、雑草の種や作物を荒らす害虫を周囲の畑にまき散らしてしまうほか、鳥・イノシシ・シカなどの鳥獣の餌場や棲み処にもなってしまい、食害などによる農作物への被害が広がってしまいます。
被害が広がると農作物や耕作地だけでなく、その周辺に暮らす人々の生活や野生動物たちにとっても良くない影響を及ぼします。

4. 研修プログラムその①『草刈機の使い方』

まずは刈払(かりはらい)機の使い方を教えてもらいます。
ちなみに草刈機と刈払機はほぼ同じ種類ですが、電動式を草刈機、エンジン式を刈払機と分けているのが一般的です。 エンジン式のほうが電動式よりもパワーがあるという違いはありますが、使い方は同じです。今回使用しているのは刈払機です。

5.

刃(ブレード)は地面と水平にし、肩ベルトで構える位置を調整します。刃が地面と接触しないよう少し浮かせるくらいがベストです。 草を刈るときは腕でしっかり機械を固定し、体を右から左に振って草を払いながら刈っていきます。
草を刈るときの方向は右から左が基本です。ブレードの回転が左回転なので、右から左に動かすことで効率よく草を刈れる仕組みになっています。

6.

いよいよ実践。順番にマンツーマンで教えてもらいながら実際に草を刈っていきます。
初めて触る刈払機に最初はおっかなびっくりのインターンシップ実習生たち、腰も引け気味です。
腕の力だけを使って左右に動かしているだけなので草も倒れてくれません。
でも指導員がきちんとサポートしているので、こまめにアドバイスを受けながら少しずつ刈り進めていくことが出来ました。

7.研修プログラムその②『のこぎりの使い方』

よく手入れされたプロ仕様ののこぎりなので、切れ味は抜群です。取扱いに注意!
草刈りは男性に任せて、こちらは女性が担当します。
まずはお手本をよく見て、切り方のコツを習います。

8.

草を刈り終わった場所からミカンの枝を切っていきます。
片手でしっかり枝を押さえて、枝の根本付近をのこぎりで切っていきます。
太い幹の部分を残し、枝の部分をどんどん切り落としていきます。既に枯れてしまっている枝は、のこぎりを入れなくても手で簡単に折れるほど脆いので注意が必要です。

9.【厳重注意!】

刈払機を使って草刈り中の人がいる場合は絶対に近寄らないこと!
かならず離れた場所で作業を行いましょう。草刈り中、刃に当たった小石や刃の破片が飛んでくることがあります。 当たったら怪我どころではなく、失明する危険性があります。
また草刈り中の人に背後から声をかけたり肩をたたくなど接触するのも絶対やめましょう。相手の存在に気付かないため、急に声をかけられたり触られたりするとビックリして反射的に機械ごと振り返ってしまうので非常に危険です。
声をかけるときは遠くから大声で呼びかけるか大きな音で気づかせてあげましょう。

10.

2時間ほど作業をした後は休憩タイム。
たっぷり汗をかいた後の冷たいお茶が体に染みわたります。
草の汁まみれのTシャツは、今日の勲章です。

11.

休憩を終えてもうひと頑張りした後は、カフェ・ムリーノでランチタイム。
この日のランチのテーマは「メキシコ」でした。トルティーヤがメチャ美味!
野菜たっぷりのボリューム満点ランチで身も心も満たされました。

12.

夏の間、日中の暑い時間帯はお昼寝タイムになります。
曇り模様だった空もいつの間にか晴れて青い空が見えています。
境内を通りぬける風、蝉の声、さわさわと揺れる木漏れ日。
何もかもが心地よくて、気が付くと爆睡していました。

13.

休憩をしっかりとった後は午後からの作業。草刈りもずいぶん進みました。
最初の覚束ない手つきはどこへやら、全員手慣れた様子でサクサクと作業をこなしていきます。
本当は2日間かけてこの状態にするはずが、1日で予定の作業をほぼ終わらせてしまいました。

14.

伸び放題の雑草をすっかり刈り終え、本来の眺めがよみがえりました。
とはいえ、レモン畑として復活させるにはまだまだ遠い道のりです。頑張るぞ!

紀ノ川農協チャンネル

当日の様子は動画でもご覧いただけます。
Youtube『紀ノ川農協チャンネル』

2日目・8月27日(日)につづく